お洒落なLinux環境を。Elementary OSのブータブルUSBを作ってみる

MacでElementary OSのブータブルUSBを作成

こんにちは、麦茶(@barlog_tech)です。

今回は、MacでElementary OSのブータブルUSBを作成する手順を紹介します。

問題意識・動機

動機はざっくり以下のような感じです。

  1. 知人が使っていないノートPCをどうにか再利用したいらしい
    • OSはWindows8.1、HDDは1TB、RAMは16GB
    • プリインストールされていた何かや、セキュリティ対策ソフトという名の大量のゴミによって実用に耐えないほど動作が重くなっていた
  2. とりあえずWin8.1を吹き飛ばし、Linux系のOSを入れればなんとかなるだろう思い、手元に持っているubuntu16.04を入れようとした
  3. が、せっかくなので(自分のマシンではないし)使ったことのないOSを触ってみたいと思い、見た目がお洒落 で知人も気に入ってくれたelementary OSを入れることにした

elementaryOSとは

https://elementary.io/ja/

elementary OSはubuntuベースのOSで、デスクトップ環境はPantheon。

Mac風のお洒落なUIが特徴で、プリインストールされているアプリもMacを意識しているのか最低限のものだけです。

ubuntuベースのOSなので、当然aptコマンドなどが使用でき、開発環境の構築はそれほど苦労しないと思います。

まさに「お洒落なubuntu」という感じです。

また、変わっている点として、ダウンロード時に支払う金額を自分で決めることができるということが挙げられます。 「カスタム」から0を指定するとタダでダウンロードすることができます。

ブータブルUSBの作成手順は以下

  1. 公式サイトからisoファイルをダウンロード

    https://elementary.io/ja/

  2. Macに適当なUSBメモリを接続し、該当するパーティションを探す。ここでは/dev/disk2がそれ。

    $ diskutil list
    >
    /dev/disk0 (internal):
        #:                       TYPE NAME                    SIZE       IDENTIFIER
        0:      GUID_partition_scheme                         500.3 GB   disk0
        1:                        EFI EFI                     314.6 MB   disk0s1
        2:                 Apple_APFS Container disk1         500.0 GB   disk0s2
    
    /dev/disk1 (synthesized):
        #:                       TYPE NAME                    SIZE       IDENTIFIER
        0:      APFS Container Scheme -                      +500.0 GB   disk1
                                 Physical Store disk0s2
        1:                APFS Volume Macintosh HD            229.7 GB   disk1s1
        2:                APFS Volume Preboot                 22.6 MB    disk1s2
        3:                APFS Volume Recovery                519.0 MB   disk1s3
        4:                APFS Volume VM                      6.5 GB     disk1s4
    
    /dev/disk2 (external, physical):
        #:                       TYPE NAME                    SIZE       IDENTIFIER
        0:     FDisk_partition_scheme                        *8.0 GB     disk2
        1:                 DOS_FAT_32 T                       8.0 GB     disk2s1
    
  3. USBメモリをフォーマット。

    $ diskutil eraseDisk MS-DOS UNTITLED /dev/disk2
    >
    Started erase on disk2
    Unmounting disk
    Creating the partition map
    Waiting for partitions to activate
    Formatting disk2s2 as MS-DOS (FAT) with name UNTITLED
    512 bytes per physical sector
    /dev/rdisk2s2: 15244176 sectors in 1905522 FAT32 clusters (4096 bytes/cluster)
    bps=512 spc=8 res=32 nft=2 mid=0xf8 spt=32 hds=255 hid=411648 drv=0x80 bsec=15273984 bspf=14887 rdcl=2 infs=1 bkbs=6
    Mounting disk
    Finished erase on disk2
    
  4. 一旦USBメモリをアンマウントする。

    $ diskutil unMountDisk /dev/disk2
    > Unmount of all volumes on disk2 was successful
    
  5. isoファイルをimgに変換する(この手順は不要という説がある)

    $ hdiutil convert -format UDRW -o ~/Downloads/elementaryos-5.0-stable.20181016.img ~/Downloads/elementaryos-5.0-stable.20181016.iso
    >
    Reading Master Boot Record (MBR : 0)…
    Reading elementary OS 5.0 Juno           (Apple_ISO : 1)…
    Reading  (Type EF : 2)…
    Reading elementary OS 5.0 Juno           (Apple_ISO : 3)…
    .............................................................................................................................................................................................................................................
    Elapsed Time:  4.113s
    Speed: 342.8Mbytes/sec
    Savings: 0.0%
    created: /Users/miyoshi_s/Downloads/elementaryos-5.0-stable.20181016.img.dmg
    
  6. リネーム

    $ mv ~/Downloads/elementaryos-5.0-stable.20181016.img.dmg ~/Downloads/elementaryos-5.0-stable.20181016.img
    
  7. USBメモリにimgファイルを書き込む

    $ sudo dd if=/Users/USER_NAME/Downloads/elementaryos-5.0-stable.20181016.img of=/dev/rdisk2 bs=1m
    

終わりに

今回の記事ではelementary OSのブータブルUSBを作成する方法を紹介しました。 気軽にPantheonデスクトップを試すことができて楽しかったです。機会があれば私も自分のマシンでも使ってみたいですね。

それでは。

Share Comments
comments powered by Disqus